カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

水出しアイスコーヒー用パック(2パック)インド使用【ストレートコーヒー/スペシャルティーコーヒー】

珈琲の味は、コーヒー豆、そして焙煎(ロースト)で決まると言っても、決して過言ではありません。

熱風低温焙煎機を使って低温で焙煎すると、新鮮で酸化しにくいコーヒー豆が出来上がります。焦げた香りがせず、さっぱりとしたコーヒー本来の味になります。新鮮な豆で淹れると、胃もたれしにくく、体に良いコーヒーの完成です。

焦げた香り(香ばしい香り)は普通の焙煎機で焙煎したコーヒーより少し弱いため、ここにこだわりを持っている方には、物足りなく感じるかもしれませんが、良いコーヒー=おいしいコーヒーをぜひ、お試しください。

コーヒー味のチャート

水出しアイスコーヒー用パック(2パック)インド使用【ストレートコーヒー/スペシャルティーコーヒー】

価格:

500円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

インド シェバロイズヒル ブルックリン農園

『魔法のコーヒー』、『7粒の奇跡』と呼ばれる、神秘なコーヒーを使用した水出しコーヒーパック。                                                                                                                                             

当店の水出しコーヒーパックはインドの豆を使用しております。単一農園ならではのブレンドには出せない個性や風味が味わえます。大きめの容器に水出しパックとお水を500ccを入れて、冷蔵庫で一晩(8〜12時間程度)冷やしてください。お好みの味になったらパックを取り出したら出来上がり!冷蔵庫に冷やした状態で2、3日は美味しくいただけます。                                                                                                                                                                                                                 

ブルックリン農園はインド南部、標高1400mのシェバロイズヒル中腹に位置する150年以上の歴史の持つ農園です。2002年にはインドコーヒー委員会によるFlavour of India 2002を受賞しています。モンスーンのよる豊かな降雨とミネラルをお多く含んだ土壌により独特の香り高いフレーバーを生み出しています。                                                                                                                                                                            インドコーヒーのルーツは1600年代まで遡ります。当時、コーヒーはイエメンのイスラム教寺院で栽培され持ち出しは禁止され厳重な監視下に置かれていました。イスラム教の聖者ババブーダンがが、イエメンから「魔法の」コーヒー豆、7粒を密かに持ち出して、インドのカルナタカ州マイソールの標高1829mのチャンドラヒルに植えて栽培に成功しました。                                                                                                                             こんな素敵な物語が秘められたインドのコーヒーが、現在の世界のコーヒーのルーツになっています。

生きている珈琲のコーヒー豆は、通常の焙煎機で焙煎したコーヒー豆に比べて、より新鮮さを長く保つことができます。

賞味期限は焙煎後6ヵ月とさせていただいておりますが、やはり日がたつほどおいしさは落ちていってしまいますので、開封後はなるべくお早目にお飲みいただくことをおすすめいたします。

また、保存する場合は豆のまま密封できる容器に入れ、できるだけ空気に触れないように保管して頂きますと、おいしさを長く保つことが出来ます。

ページトップへ